『ピリカ Photo Pirka』半田菜摘

写真家として、医療従事者として。
日々いのちと向き合いながら追い求めた
野生に生きる動物たちの知られざる素顔。

半田菜摘、待望の写真集!

【本文より】
野生の世界は、決して可愛いだけではない。
時に荒々しく、生々しい。
日々、生死と向き合っているからこそ、動物たちはエネルギーに満ち溢れ、美しいのだろう。

※「ピリカ」=アイヌ語で「美しさ」「可愛さ」の意。

【著者】
半田菜摘
1986年、北海道旭川市生まれ。写真家、看護師。友人の風景写真に感銘を受け、2013年より写真を撮り始める。1匹のエゾリスとの出逢いがきっかけで野生動物の撮影に夢中になり、動物写真家として活動を開始。数々のフォトコンテストで入賞し、個展には多くのファンが訪れる、メディアが注目するフォトグラファー。
 
書籍を読む!