『好かれる技術 仕事に効く見た目・しぐさのポイント59』西松眞子

カラダは言葉よりも雄弁だ。
魅力的なアクションは人を惹きつけ、虜にする。
仕事で差がつくちょっとしたコツを伝授!

【本文より】
あらゆるビジネススキルよりも必要なことは、人から好かれることです。
好かれるということは、可能性の扉を開く鍵なのです。
その他大勢の他人にも嫌われないことが、コミュニケーションやビジネスにおいて重要であることは言うまでもありません。

【内容】
プロローグ ハリウッド的好感度コミュニケーション
好かれるアクション3条件
第1章 手は語る。
 手の内
 握手
 指先
 指先の先、お金は語る。
 腕
 スナップ
 ダヴィンチの腕
第2章 顔は語る。
 カリスマ
 スマイル
 喜驚哀楽
 アルカイックスマイル
 ハーフスマイル
 フルスマイル
 瞳力は一日にして成らず
 顎
 うなずき
 首
第3章 胴は語る。
 会話姿勢
 リーダーの背中
 センター
 アンガールズ
第4章 脚は語る。
 脚の品格
 膝の行方
 座り方
 モデル立ち
 ウォーキング
 V字立ち
第5章 目線・空間・距離は語る。
 目線の行方
 横並び
 アイコンタクト
 斜め45度
 テーブルマジック
 セミナーを盛り上げよ!
第6章 ファッション+カラーは語る。
 ハリウッド3カラー
 Vの胸元
 ブランドの演出
 アクセサリーの演出
 メガネの演出
 バッグの演出
 クール・ビズの演出
 スーツの演出
 ベーシックカラー5
 好感度「白演出」
あとがき モテるのは難しいけど、嫌われないのは簡単にできる

【著者】
西松眞子(にしまつ・まこ)
肩書き:
・CarpeDiemカーペディエム代表
・著述家・ビジネスイメージコンサルタント
専門分野:印象術(ファッション・カラー)・ビジネスコミュニケーション(しぐさ・話し方・マナー)

プロフィール:
京都生まれ。大学職員を経て、イベント会社で接客・印象指導を担当。 また心理学・色彩学を修め、日本メンタルヘルス協会にて心理カウンセラー及び色彩心理学担当講師となる。
その後2001年イメージアップ研修・講演を主に「Carpe Diem」を開設。 外見面からの表現だけでなく、心理学をベースとした、内面からのアプローチで独自の「自己演出理論」を確立。その研修法や魅せ方が人気を呼び2004年『魅せる技術』が出版される。 『魅せる技術』は新人ビジネス著作として異例のヒットとなり、全国ビジネス書籍ランキングでベスト10入りを果たし、ベストセラーとなる。 
またその後も、「仕事以前のビジネスマナーの常識」2万部など、多くのビジネス書を手掛け、現在20冊程の著書がある。

セミナー・コンサルティングでは、『大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール』にて、ビジネス・コミュニケーション講座を担当。その後も六本木ヒルズアーテリジェントスクールでのイメージアップセミナーや『早稲田大学エクステンションセンター』では、パーソナルブランディング講座。など、社会人向け印象講座や起業家セミナー、エグゼクティブ・個人コンサルティングも受託。

講演では、年齢・性別を問わず、「わかる」「使える」「楽しめる」と定評があり、ビジネス研修におけるイメージコンサルティング経験15年以上の第一人者として、多くの公的機関や多種多様な業種から講演依頼を受けている。

電子書籍を読む!