『不倫の流儀 知っておくべき18のルールとタブー』檀れみ

究極の純愛か、それとも!?
後悔したくないあなたへ!

【本文より】
「個々の人間の体は遺伝子を運ぶビークル(乗り物)にすぎない。すべては利己的な遺伝子のリレーのためにあるのだ。したがって母性愛なんてものも存在しない」というようなリチャード・ドーキンス氏の学説が世間に大ショックを与えたことがあった。
つまり男は自分のDNAをあちこちにバラまいたほうが進化論上の戦略としては有利であり、だから浮気をするようにできているのだという理屈である。
てなわけで、男の浮気はバレたところで大目に見られる可能性が高いが、独身女が既婚男の誘いにのってしまい、それがバレてしまうと大変なことになる。袋だたきにあううえに慰謝料を払う義務まで背負うことになる。
社内恋愛であれば、クビを切られるのは女性の可能性のほうが圧倒的に多いのだが、頼れるパートナーを失いたくない一心で、つい臭い物に蓋をしてしまうこともする。
燃える恋愛は捨てがたいが、微妙な年齢にさしかかってきたとあらば、時間とどちらが捨てがたいか?
後悔したくない人は、ぜひとも参考にしていただけたら、と思う。

【内容】
◆遺伝子は理屈の通じない乗り物――まえがきに代えて
◆不倫は恋愛のブラックホール
◆不倫のリスク
◆その不倫はハシカでは?
◆愛人という立場
◆カネが原因で泥沼化する
◆一生愛人でいる場合、子供はどうするのか?
◆不倫から学ぶこと
◆不倫の達人
◆男を見抜く洞察術

【著者】
檀れみ(だん・れみ)
東京都出身。OL、ライター、銀座高級クラブホステスを経て作家に転身。独自の語り口と鋭い洞察力で各メディアから注目を集めている。
著書『こんな男に女は惚れる 大人の口説きの作法』(講談社)、『ダイエット・パラダイス』『冷たい熱帯魚』(以上、幻冬舎)、『LOVE&JOB 賢い女の社交術』(主婦と生活社)、『テッパン男』(ヴィレッジブックス)。
電子書籍『モテるひと言 女性に好かれる38のコツ』『女の仕掛け 男に好かれる賢女のルール26』『男心の掌握術 男を動かす女の駆け引き29』『育児モテ! 妻に感謝される、デキる男のサポート術20』『売れっ娘ホステスのダイエット泣き笑い物語 しくじって行きついた(秘)やせルール20』『銀ホス直伝 口説きのマナー25』『夜の女の恋愛「裏話」』『紳士のルールズ モテる男の口説きのポイント73』『幸運をはこぶお陰さま 人生が変わる幸せの法則51』『好かれて幸せになる生き方 イイ男、イイ女に学ぶ、可愛がられるモテ法則44』『一生モノのモテ理論 理想の女性を射止めるテッパン法則 31のルールとタブー』などがある。

電子書籍を読む!