投機の流儀 セレクション【vol.89】AI投信で利益を上げられるか

AI投信で利益を上げられるか

筆者は生半可な知識であるがAI投信には信頼を置いていなかった。
これは一口で言えば、株式市場は「知能よりも知性が重要である(知能と知性の区別は既報で既述してきた)」ということが基本にある。

AIが駆使するのは知性ではなくて知能だ。
膨大な情報を読み込んで瞬時に最適解を探す、そういう知能である。
この、知能よりも知性が重要であるということは次の一事でもって筆者は脳裡に鮮明に残った。

97年にノーベル経済学賞を受賞したマイロン・ショールズとロバート・マートンのヘッジファンドの公式はもろくも98年に崩壊した。

ノーベル経済学賞受賞者ロバート・マートンとマイロン・ショールズの2人が役員となり、その金融理論を実践するために設立させたファンドLTCMは、一時期年率40%の利益を上げていたが、1998年のロシア経済危機を読み違え多額の損失を出し破綻した。

あまりにも規模が大きかったから民間の一ファンドであるにもかかわらず、FRBが音頭をとって(国の金を使うわけにはいかないから)各大手に援助金の支出を呼びかけ、これは奉加帳方式と言われた方法で処理した。
筆者の脳裡に鮮明に残っている。
彼らは再度ファンドを運用してそれも破綻した。
この二度目の破綻はあまり話題にならなかった。

「知能」とは正解が決まっている問題に対して正解を出す能力を言う。

特化したテーマに対して最適解を求める能力だ.
これに対して「知性」とは正解があるかないか判らない問題(ない場合も多い)に対して執拗に正解を求めようと格闘する強靭な意志力のことを言う。

株式投資に必要なのは知能よりも知性である。
このことは既報で既述した。
AI投信の実績は日経平均そのものを買っていたよりもはるかに落ちる。
今年度の大底を3月に付け、今年の最高値を1月下旬に付け、今年の最安値を3月上旬に付けたが、そこからの戻りは日経平均は半値戻りを上回る場面の23,000円に4回挑戦して膠着しているのに、AI投信は戻りも鈍くそれから後は傾向的に右肩下がりになっている。
グラフを参照されたい。
日経新聞8日版6ページ。
AI投信は株式投信の成績は振るわない。
このことは2~3週間前にも既述した。
先週末現在で日経平均は年初来ほぼ変わらずであるのに対して、AI投信の平均は8%安である。
ひとことで言えば、AI投信は知能ばかりに頼る方法であるが、ファンドマネージャーや投資家・投機家が判断を下す際の投資家心理・感情などを入れていないに違いない。

AI投信20本の平均が日経平均よりもかなり悪い。
ところで数日前に本稿の読者兼動画会員が数人集まって食事会・飲み会を開いた席に、AI投信を組成することに関係するプログラマーがいた。
その人に訊くとAIでは「解なし」という答えが出ないのだそうだ。
碁や将棋は定石が決まり必ず最適解があるはずだから、碁や将棋をやらせたらAIのほうが強いが、相場には「解なし」が正解である場合がある。
否、むしろそのほうが多いとさえ言える。
端的に言えば「ax=b」のときに、aはゼロでなくbがゼロではないという場合、(a=0、b≠0という場合)、xを解けと言われたならば、「解なし」というのが正解であり、「a=0、b=0」の場合のxを解けと言われたらxは無限にある。
「不定」が正解である。
ところがAI投信の場合に「解なし」とか「不定」という最適解がないのだそうだ。
それでは丸っきり現実的ではない。
AIも学習するから、目下学習中なのであろう。
AI投信業者の営業妨害をする気はさらさらないが、目下学習中のものは学習を積んでから再デビューしてもらいたい。

【重要なお知らせ】
「まぐまぐ!」でご好評いただき、殿堂入りの誉れを賜った「投機の流儀」ですが、このたびピースオブケイクの運営するコンテンツサイト「note」にも掲載する運びとなりました。
それにあたり、あらためて自己紹介代わりにインタビューをしていただきました。
ぜひともご笑覧ください。

なお、デンショバでの連載は、ピックアップ記事として継続することになっています。
引き続きのご愛読、どうぞよろしくお願いいたします。

BACK  NEXT

この連載について

初回を読む
半世紀にわたる実践投資で得たリターンはおよそ5億円。
博識ゆえ、哲人投資家といわれる著者が実践する、普通の人では看過してしまう独自の習慣とは?どんな相場でも負けない、投資の行動原則とは?
有料メルマガ「まぐまぐ」のマネー部門第1位!
不動の人気を誇る週報「投機の流儀」から、投資に役立つ貴重なセンテンスをセレクト!

【著者】
山崎和邦(やまざき・かずくに)
1937年、シンガポールに生まれ、長野県で育つ。1961年、慶應義塾大学経済学部を卒業後、野村証券入社。1974年、同社支店長。同社を退社後、三井ホーム九州支店長に就任、1983年同社取締役、1990年同社常務取締役兼三井ホームエンジニアリング社長。退任後の2001年、産業能率大学講師として「投機学」講座を担当。2004年武蔵野学院大学教授。現在、武蔵野大学大学院教授兼武蔵野学院大学名誉教授。投資歴51年、前半は野村証券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築。晩年は投資家兼研究者として大学院で実用経済学を講義。ラジオ日経「木下ちゃんねる」、テレビ番組「ストックボイス」ゲストメンバー。
著書『常識力で勝つ超正統派株式投資法』『大損しない超正統派株式投資法』など。
電子書籍『4億円投資家直伝 実践 金儲け学 チャンスを逃さない投資の心得39』『スゴい投機家に学ぶ、金儲けの極意12』『名言に学ぶ金稼ぎ法則 世界の賢人が語るカネの真実40』『クソ上司の尻馬に乗る7つの美醜なき処世術 なぜ、イヤなやつほど出世が早いのか』『詐欺師に学ぶ 人を惹きつける技術 仕事に効く人付き合いのポイント44』『投機学入門』『投資詐欺』『常識力で勝つ 株で4倍儲ける秘訣 投資で負けない5つの心得』『会社員から大学教授に転身する方法 第二の人生で成功するための「たった3つ」の必勝ノウハウ』『株式投資の人間学 なぜ、損する株を買ってしまうのか』など。

電子書籍を読む!

amazon kindle   楽天 kobo