投機の流儀 セレクション【vol.214】最近の日経新聞証券欄の文章は少々オカシイ

日経新聞や株式業界新聞の記者は自己勘定での株式投資をしてはならないことになっている。ところで、最近日経新聞の文章の表現方法が少々客観性を欠き、特定の銘柄を推奨するかのような書き方をしているケースが目立ち始めた。例えば「ソニー、PER13倍で割安感」という見出し、まるでソニーの推奨文のようだ。または「○○○よりも先回り買いの効果が上がりやすいのが低位株だ」、これでは低位株の推奨文のように見える。あるいは「反落」「売りが優勢となった」と書くべきものを「急上昇に警戒感で売り」「スピード調整による売りが優勢」という表現になっている。高値圏の警戒感などを日経新聞が呼びかけるべきではない。新聞は、あくまでも第三者の客観的表現でなければならないと思う。筆者が本店営業部時代、新聞社の「兜クラブ」と言って兜町詰めの新聞記者と時々あった。上司が会うのが面倒だから若手社員で間に合わせた。そこで彼らの徳目と禁止事項を筆者はよく承知していたつもりであるが、最近は自分で相場を張っているのではないかと思われるような表現が時々出てきている。「割安放置を個人が物色」という表現で低位株が割安であると言わんばかりの表現である。

【目次】
第1部 当面の市況
(はじめに)週明けは特別乱気流はないだろう、が、NYでの空箱上場が400もあるという話が気になる
(1)日銀の動きに変化、これは脳裡にとめておく必要がある
(2)高値圏での乱高下は時々あろう
(3)「若者マネーじわり頭角、高齢層は手じまい売り」
(4)NY市場での個人投資家の「共闘組織」の何が問題か
(5)信用取引の評価損益率が3年ぶりの小ささになった
(6)日経平均、200日移動平均線から上方乖離25%。ここからは「高値圏の波乱」と「大勢から見たトレンド変化」とは区別する必要がある
(7)海外勢が2週間連続して日本株を大幅買い越し
(8)ポストコロナの経済復活は日本が一人敗け
(9)最近の日経新聞証券欄の文章は少々オカシイ
(10)コロナ禍からの回復を意識し内需株に物色対象が広がった
(11)200日移動平均線との乖離を見るに際して終値での見方と日中ザラバ高値での見方
第2部 3万円回復の意味
(1)「3万円を回復しても個人への恩恵は薄い」
(2)日経平均3万円回復とはいっても米国の巨大IT企業のような高度成長を生み出してはいない
(3)「30年半ぶりの3万円」と言うが・・・
(4)大手証券3社トップの見方
(5)「日経平均3万円、私はこうみる」
第3部 中長期の見方
(1)「バブル」か、「妥当レベル」か
(2)米国株に強気が8割、「既にバブルだ」は13%
(3)復活アジア、21年成長率8.3%
(4)「米景気回復には2年必要」
(5)日本はコロナ対応に完全に失敗し逆行したにもかかわらず84%も株価が上がったのは財政政策・金融政策のそろい踏みが巨大だったからだ
(6)22年度決算は少なくとも70%ぐらい伸びなければコロナ前のレベルを超えることはできない
(7)ビットコインの行方と東京五輪の行方
(8)東京五輪開催はあるかないか
(9)「出口戦略」について要約しよう
(10)バイデンは意外にやるぞ。バイデン政権はレームダック化の恐れはあるが政権運営は今までの民主党大統領の誰よりも上手い
(11)イエレン財務長官とイタリア首相ドラギ元 欧州中央銀行(ECB)総裁
(12)世界の政治の舞台に国際企業のプロがそろった
(13)超長期の見方
(14)ワクチン接種で先行した国を参考にする

【重要なお知らせ】
「まぐまぐ!」でご好評いただき、殿堂入りの誉れを賜った「投機の流儀」ですが、このたびピースオブケイクの運営するコンテンツサイト「note」にも掲載する運びとなりました。
それにあたり、あらためて自己紹介代わりにインタビューをしていただきました。
ぜひともご笑覧ください。

なお、デンショバでの連載は、ピックアップ記事として継続することになっています。
引き続きのご愛読、どうぞよろしくお願いいたします。

BACK  NEXT

この連載について

初回を読む
半世紀にわたる実践投資で得たリターンはおよそ5億円。
博識ゆえ、哲人投資家といわれる著者が実践する、普通の人では看過してしまう独自の習慣とは?どんな相場でも負けない、投資の行動原則とは?
有料メルマガ「まぐまぐ」のマネー部門第1位!
不動の人気を誇る週報「投機の流儀」から、投資に役立つ貴重なセンテンスをセレクト!

【著者】
山崎和邦(やまざき・かずくに)
1937年、シンガポールに生まれ、長野県で育つ。1961年、慶應義塾大学経済学部を卒業後、野村証券入社。1974年、同社支店長。同社を退社後、三井ホーム九州支店長に就任、1983年同社取締役、1990年同社常務取締役兼三井ホームエンジニアリング社長。退任後の2001年、産業能率大学講師として「投機学」講座を担当。2004年武蔵野学院大学教授。現在、武蔵野大学大学院教授兼武蔵野学院大学名誉教授。投資歴51年、前半は野村証券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築。晩年は投資家兼研究者として大学院で実用経済学を講義。ラジオ日経「木下ちゃんねる」、テレビ番組「ストックボイス」ゲストメンバー。
著書『常識力で勝つ超正統派株式投資法』『大損しない超正統派株式投資法』など。
電子書籍『4億円投資家直伝 実践 金儲け学 チャンスを逃さない投資の心得39』『スゴい投機家に学ぶ、金儲けの極意12』『名言に学ぶ金稼ぎ法則 世界の賢人が語るカネの真実40』『クソ上司の尻馬に乗る7つの美醜なき処世術 なぜ、イヤなやつほど出世が早いのか』『詐欺師に学ぶ 人を惹きつける技術 仕事に効く人付き合いのポイント44』『投機学入門』『投資詐欺』『常識力で勝つ 株で4倍儲ける秘訣 投資で負けない5つの心得』『会社員から大学教授に転身する方法 第二の人生で成功するための「たった3つ」の必勝ノウハウ』『株式投資の人間学 なぜ、損する株を買ってしまうのか』など。

電子書籍を読む!

amazon kindle   楽天 kobo