TAG 山崎和邦

『会社員から大学教授に転身する方法 第二の人生で成功するための「たった3つ」の必勝ノウハウ』山崎和邦

【本文より】 会社後の人生をどうすごすか。リタイア後、なにか知的にすごしたい。相応の収入もあって、しかもいちおう世間体がよくて収入も保証されて、若者に自分の考えなどを説いて聞かせたい。そう思っている人々のために本書がある…

『投資詐欺 身近に潜む罠から資産を守る法』山崎和邦

【本文より】 本書では、詐欺に関しては筆者の見聞と研究を読者諸賢に供したい。いわゆる「オレオレ詐欺」「宮様詐欺」などのような子供だましめいた小口詐欺は対象にしない。筆者の専門は億単位あるいはそれに近い大型一流詐欺であるし…

『投機学入門 不滅の相場常勝哲学』山崎和邦

【本文より】 本書には重要な基調とするものが二つある。一つは投機というものについての一貫した認識の仕方。もう一つは「人は誤りを免れ得ない」という可謬(かびゅう)論なる哲学上の命題である。「人は誰もが過ちを犯す」という可謬…

『名言に学ぶ金稼ぎ法則』山崎和邦

【本文より】 幸福は青い鳥が運んでくるものではない。真の幸福はあなたの銀行口座か証券口座か登記権利書の中にこそある。 それは「感情」でなく「勘定」の世界だ。「勘定」が「感情」を育てるのだ。積み上げた札束は自己の成長のスコ…

『スゴい投機家に学ぶ、金儲けの極意12』山崎和邦

【内容】 投資に投機のエッセンスを――「まえがき」に代えて 第一章 投機ビジネスの仕組み  最高効率の投資理念  ヘッジファンドの定義  普通のファンドとどう違うのか  ベーシックなファンド運用法  限界を迎えた伝統的投…

『詐欺師に学ぶ 人を惹きつける技術 仕事に効く人付き合いのポイント44』山崎和邦

【本文より】 人をたらしこむために必要な技術は、人蕩術(じんとうじゅつ)と呼ばれるものである。「たらしこむ」というといかにも言葉が悪いが、人付き合いの基本原則ともいえる。相手の信用を得て、こちらの意図を伝えるために、人は…

『クソ上司の尻馬に乗る7つの美醜なき処世術 なぜ、イヤなやつほど出世が早いのか』山崎和邦

【本文より】 人が欲するモノの中で「権力」の右に出るものはない、と哲学者バートランド・ラッセルは言ったし、斯く申す筆者も言う。 権力さえ持てばカネも名誉も(場合によっては女も)自在になる。「イヤな奴」は、その真実を知って…