『異星の黙示録 この世の終わりは、火ともいう、水ともいう』黒星 新一郎

異星人から温暖化の警告があったが、温暖化は異星人の予測通りに進行。
天文学者達は、温暖化対策を講じるのだが…
温暖化で人類が滅ぶことはないが、滅ぶ原因は作り得る!

【内容】
第1部 ファースト・コンタクト
大学院生/準教授/マウナ・ケア/高速化/罠/トラブル発生/ステラ・コロナグラフの改造/探査開始/受信/教授と準教授/大統領/ポスト・デテクティブ/プロジェクト・チーム/最終章
第2部 地球温暖化
夫の死/次期大統領/温暖化予測/環境難民/空爆/空挺部隊/攻撃/補給/反撃/司令部/撤退
第3部 南極
新大統領/バース基地/パーティーの夜/報告/事務総長
第4部 回答
同盟/同盟国軍/国連総会/訪問者/情報公開/首脳会談へ/再開/地下司令部/解答

【著者】
黒星新一郎(くろほし・しんいちろう)
1950年生まれ。2014年まで滋賀県で自営。引退後、京都在住。

電子書籍を読む!