『釣り船オヤジ直伝「超」実践海釣り&磯料理 船頭歴半世紀のレジェンドが語る春夏秋冬「爆釣」知恵袋65』芳野隆

道具、エサ選びから、仕掛け、合わせのテクニック、板前の魚料理レシピまで。
1年を通じて海釣りを最高に楽しむ極意を伝授。
生き字引きのノウハウ満載!

【本文より】
この本は、釣り船の船頭としてのキャリアを生かして書いた釣り入門書で、わたしが船頭として生きてきた集大成でもあります。
魚を上手に釣るための技術から釣り座(魚を釣る場所)の選択の仕方、地元・飯岡の板前直伝の料理レシピ、船の安全対策に至るまで、すべてのエキスが詰まっています。
そのほか、テレビの天気予報より確実な情報の入手法、釣り宿選び、座る場所、釣る楽しみ、食べる楽しみ、海のエチケットなど、この本を一読していただいて、さらに快適な釣行を満喫してください。

【内容】
まえがき 釣り方から船の安全対策に至るまで
第一章 春――釣行の幕開け
1 シロギス
 きっかけは「ケガの功名」
 「外道」に特大キス
 周囲の冷やかしにもめげずにPR
 手探り状態で作った仕掛け
 完成! 飯岡式ジャンボキス仕掛け
 餌とハリは釣りの生命線
 魚が食いつく餌の付け方
 ハリの交換が大切
 青イソメとジャリメ、どちらがよいのか
 夜光玉で餌の存在をアピールするとき
 キス釣りにはこの竿を使え
 浅場と深場では、ベストな竿が変わる
 聞きながら、ゆっくり合わせる
 芸能レポーターと新聞記者のキス対決
 船頭の必殺技
 人工餌で魚が釣れるのか
 新素材の糸とナイロン、どちらを使うべきか
 三人の天狗
 最後に釣り始めるのに最初に釣れる不思議
 春のその他の釣りもの
 メゴチが欲しいなら仕掛けは替えない
 同じ仕掛けでいろいろな魚が釣れる
 黒メバルの食べ方
2 飯岡式シロギス料理
第二章 夏――活性が上がる大漁の季節
1 ヒラメ
 ヒラメの大発見
 ひょうきんで力持ち
 ヒラメは生きたイワシが大好物
 夏のヒラメは食欲旺盛
 食い渋りの中での誘い
 春の横流し
 ヒラメの仕掛け
 ポイント釣り
 カットウ釣りは大型の生き餌のときに
 生き餌の扱いは丁重に
 ナイロン道糸の長所、短所
 生き餌に七キロのマダイ
 ヒラメ釣りではドラマが起こる
2 飯岡式ヒラメ料理
3 マアジ
 機械の力で群れを追う
 群れのリーダーと船頭との知恵比べ
 素早い投入で大漁!
 アジ釣りはパーフェクト狙いで
 スピーディな釣りを楽しもう
 アジの「味」
 夏場は青もの回遊も活発
 釣れ方が違うと味が違う
4 飯岡式マアジ料理
第三章 秋――黒潮の恩恵で釣果は落ちない
1 ハナダイ
 「三段引き」
 「釣りを楽しめる」竿をチョイス
 ハナダイはコマセ釣りがベスト
 「潮下有利」の法則
 コマセ釣りは胴の間で
 とにかく敏感な仕掛けを
 いろいろな釣り方ができる
 タイの不思議
 チャンスは二度
 体の色で活性がわかる
2 飯岡式ハナダイ料理
3 フグ
 「怖いもの食べたさ」の趣
 釣れすぎて自主規制
 「微妙」な当たりで楽しい釣りを
 餌の付け方で釣果に差が出る
 フグ釣りの仕掛け
 竿の進歩でフグ釣り名人に
 「空合わせ」で体に掛ける
 フグマニアの一日
 アカメフグもいける
 餌でハリをくるむ
 ハリの鋭さがフグ釣りの要
 派手な仕掛けで興味をもたせる
4 飯岡式フグ料理
第四章 冬――魚が一番うまくなる
1 アイナメ
 ビール大瓶サイズの特大アイナメ
 水温より水色が重要
 餌は「派手に」「大きく」「匂いの強いもの」を使う
 根掛かりとの闘い
 縄張り争いをする習性を利用する
 アイナメの動きを吸収できる竿がベスト
 アイナメの天敵
 アイナメのお客さん
 新感覚のルアー釣り
 スポーツとしての釣りで、釣れなくても大満足
 環境にやさしい「ルアー船」の誕生
2 飯岡式アイナメ料理
3 ヤリイカ
 外房のヤリイカは肉厚でジャンボ級
 潮が穏やかな日が釣り日和
 保存の裏ワザ
 しゃくりやすい仕掛けを用意
4 飯岡式ヤリイカ料理
第五章 海釣り四方山話
 潮の流れを読めれば一流
 潮が速いときのコツ
 コマセ釣り名人の秘技
 コマセ釣りをマスターしよう
 オマツリしないようにするための工夫
 いい釣り座は爆釣に通ず
 船酔いしない方法
 いい船頭の見分け方
 知っておきたい船の安全対策と保険
 船頭からのお願い
 マナーを守って楽しい釣りライフを
 海を汚さないためには
 みんなで釣りを楽しもう
あとがき 大海原で二人の時を
釣り用語説明(五十音順)

【著者】
芳野 隆(よしの・たかし)
1935年、千葉県に生まれる。東日本釣宿連合会特別相談役。飯岡町観光協会理事。1969年、千葉県飯岡港で釣り宿「隆正丸」を始める。閉鎖的な商売であった釣り宿の運営を革新的な手法で展開し、女性や子供客も積極的に受け入れ、さらに「お客様を呼ぶには家族の絆がなければいけない」という信念に基づき、家族をメインとしたさまざまなキャンペーンを打ち出し、宿は活況を呈している。海のすべてを知り尽くした海釣りの生き字引である。

電子書籍を読む!