『セックスする脳! 知られざる究極の欲望と男女をつなぐ興奮のメカニズム』米山公啓+二松まゆみ

「胸キュン」の正体は?恋愛はどうして楽しいのか?
恋は盲目になる科学的根拠から、タッチングの極意まで。
男女の脳の権威である医学博士・米山公啓と、男女仲の専門家・二松まゆみが男女の謎に迫る!

【内容】
◆草食系増加の原因はヒトが増えすぎたから?
◆においが記憶を呼び覚ます
◆恋愛する脳
◆恋のホルモンPEA
◆「好みのタイプ」は遺伝子の癖
◆一目惚れはだいたい正しい
◆恋は作れるか?
◆「慣れ」という運命
◆脳はなまけ者
◆えっ、フェロモンは存在しない!?
◆「続き」という戦略
◆「意外性」というスパイス
◆愛されている実感が女を美しくする
◆女性もある程度の経験は必要
◆男は、女の部屋で何をする?
◆証拠を残す夫、暴走する妻
◆純愛は不可能だからこそ尊い
◆男と女の終着点
◆違っているからおもしろい
◆進化する男脳と女脳

【著者】
米山公啓(よねやま・きみひろ)
1952年山梨県生まれ。作家、医学博士、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業、聖マリアンナ医科大学第2内科助教授を1998年2月に退職。本格的な著作活動を開始。現在もあきる野市の米山医院で診療を続けながら、医学ミステリー、小説、エッセイ、医療実用書など、280冊以上を上梓。テレビ・ラジオ番組の監修・出演をこなし、講演会も全国で行なっている。

三松真由美(二松まゆみ)
恋人・夫婦仲相談所所長。元主婦マーケティング会社経営。日本性科学会会員。ED診療ガイドライン作成委員。
夫婦仲に悩む主婦会員1万3000名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察。講演、マスコミ取材も多く、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍。
著書『モンスターワイフ』『夫婦仲がよくなるちょっとした習慣』『ニッポン男子の下半身が危機的なことに気づいたワタシ』『きっかけさえつかめば3週間で人生が変わる』『40歳からの女性ホルモンを操る53の習慣』『キョウイクSEX』他多数。
電子書籍『となりの寝室 夫婦の性生活の真実』『夫に言えない妻のセックス裏話』『女の不倫 22人の告白』『セックスする脳!(共著)』など。

電子書籍を読む!