言いたい事を「ちゃんと」伝える技術|吉野秀

この連載について

初回を読む
ビジネスの場で相手の言いなりになっていては話にならない。
人への依存から抜け出し、一流への道を切り拓く主張の極意とは?
自分の意見を通し、相手に理解・納得・合意・行動させる主張の極意を伝授!

【著者】
吉野秀(よしの・すぐる)
1963年・東京都生まれ。
中央大学経済学部卒。日経ホーム出版社(現・日経BP社)で『日経トレンディ』編集記者、 就職情報誌『日経アドレ』編集長を経験。その後、複数の出版社で金融や流通、企業経営、IR、ライフ・スタイルなどの分野で雑誌編集長を務める。
独立後はビジネス書作家、出版プロデューサー、講演・セミナー講師、受験対策人などで活動。
著書に、『言い訳の天才』『無敵のケンカ交渉術』(すばる舎)、『切り返しの技術』(あさ出版)、『できる人の「書きかた」「話しかた」』(ソフトバンク・クリエイティブ)、『お客さま! そういう理屈は通りません』(KKベストセラーズ)など、高い成果へつながる「ビジネスに活きる」編著書は計70冊。
主なテレビ・ラジオ出演番組に、『笑っていいとも!』(コーナー・レギュラー)、『V6 新知識階級クマグス』『DAIGO ヴァンガ道』、『生島ヒロシのおはよう一直線』、『5時に夢中!』、『ラジペディア』、『フォー・ルームス』、『アポロン』などがテレビ・ラジオ。
『日経トップリーダー』や『SPA!』、『アサヒ芸能 エンタメ』、『R25』、『プレジデント』、『読売新聞』、『東京スポーツ』など雑誌・新聞などにもコメンテーターで、時に登場している。
現在、門下生は15名。「目黒ビジネスリーダー塾」を主宰。