投機の流儀 セレクション【vol.109】「金融政策は98%がトークであり、わずか2%がアクションだ」(バーナンキ元FRB議長)

「金融政策は98%がトークであり、わずか2%がアクションだ」(バーナンキ元FRB議長)

数年前、QE、々々、と盛んに言って株式市場は活性化した。QEとはFRBが行う量的緩和(Quantitative Easing)、要するに量的緩和のことである。
今度は量的引き締めが話題になる。株式市場参加者はFRBのバランスシート縮小による量的引き締めが株価を下落させていると懸念した。2008年秋のリーマンショック以降バーナンキ議長のFRBはQEを数度実施した。つまり市場から長期国債や住宅担保証券などを大規模に買い取って市場に札束を放出した。  
その結果FRBのバランスシートの規模はリーマンショック前の90兆円から450兆円へと膨張した。その後任者となったジャネット・イエレンは保有債券の減額を市場にショックを与えないように、市場に売却せず、償還に拠る消滅で自然現象として少しずつ進める手法を採用した。
このオバサンは用心深くかつ賢明だった。超スローモーションで「償還に拠る消滅」という自然現象を以て量的緩和からの脱出を静かに行った。
FRBの債権が減ることは市場金利に徐々に上昇圧力が加わるということである。しかし市場がその流れを事前に織り込めば市場の動揺は来ない。バーナンキ元議長は退任後、量的緩和の問題は理論的には機能しないはずだが実際には機能したと述べた。しかし、日本では速水元総裁の速すぎた量的緩和解除は大いに市場に影響したことは既述の通りであった。

【今週号の目次】
(1)当面の市況
 ○「所詮は中間反騰」の動き如実
 ○サンバイオ現象
 ○NY市場と比較した日本株
 ○クジラ幕相場の行方
(2)1月相場を振り返れば、定石通りの動きだった
 当面の市況
(3)日米株価の中間反騰の上昇幅の差異について
(4)投資家に弱気心理が生きている
(5)マクロ波乱の中でミクロを見る(凝視するのではなく俯瞰する)
(6)2020年度の企業決算
(7)「金融政策は98%がトークであり、わずか2%がアクションだ」(バーナンキ元FRB議長)
(8)「FRBのここまでの先制的な利上げは実に見事だった」(R・クー、「マンデーミーティング・メモ、1月12日号)
(9)FRB利上げ停止観測、出遅れたECB、苦悩する日銀
(10)FRBが市場を配慮、その結果日米の株価回復に格差が生じ、日本では
(11)米景気の行方に勝る材料はない
(12)米景気の行方が金融市場を攪乱する
(13)景気と株価の関係は昨年11月11日号で既に述べている
(14)「中国経済という巨体が傾けば跨いで先へ進むには苦労する」
(15)米不在のダボス会議で発言力を増した中国
(16)関税引き上げはトランプの「思い付き」ではない
 米政府が予算案でつまずいた「壁」
(17)北方領土について学生時代ゼミの友人N氏との交信
(18)太陽黒点説(★註)から相場を占う
(19)「55年体制」たる自民党の体質と野党連合を組成させる坂本龍馬の不存在
(20)「地方創生戦略」を見直せば日本は活性化する
(21)広島のO様との交信(1月31日)
(22)九州のA様との交信(2月1日)

【重要なお知らせ】
「まぐまぐ!」でご好評いただき、殿堂入りの誉れを賜った「投機の流儀」ですが、このたびピースオブケイクの運営するコンテンツサイト「note」にも掲載する運びとなりました。
それにあたり、あらためて自己紹介代わりにインタビューをしていただきました。
ぜひともご笑覧ください。

https://note.mu/touki

なお、デンショバでの連載は、ピックアップ記事として継続することになっています。
引き続きのご愛読、どうぞよろしくお願いいたします。

BACK  NEXT

この連載について

初回を読む
半世紀にわたる実践投資で得たリターンはおよそ5億円。
博識ゆえ、哲人投資家といわれる著者が実践する、普通の人では看過してしまう独自の習慣とは?どんな相場でも負けない、投資の行動原則とは?
有料メルマガ「まぐまぐ」のマネー部門第1位!
不動の人気を誇る週報「投機の流儀」から、投資に役立つ貴重なセンテンスをセレクト!

【著者】
山崎和邦(やまざき・かずくに)
1937年、シンガポールに生まれ、長野県で育つ。1961年、慶應義塾大学経済学部を卒業後、野村証券入社。1974年、同社支店長。同社を退社後、三井ホーム九州支店長に就任、1983年同社取締役、1990年同社常務取締役兼三井ホームエンジニアリング社長。退任後の2001年、産業能率大学講師として「投機学」講座を担当。2004年武蔵野学院大学教授。現在、武蔵野大学大学院教授兼武蔵野学院大学名誉教授。投資歴51年、前半は野村証券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築。晩年は投資家兼研究者として大学院で実用経済学を講義。ラジオ日経「木下ちゃんねる」、テレビ番組「ストックボイス」ゲストメンバー。
著書『常識力で勝つ超正統派株式投資法』『大損しない超正統派株式投資法』など。
電子書籍『4億円投資家直伝 実践 金儲け学 チャンスを逃さない投資の心得39』『スゴい投機家に学ぶ、金儲けの極意12』『名言に学ぶ金稼ぎ法則 世界の賢人が語るカネの真実40』『クソ上司の尻馬に乗る7つの美醜なき処世術 なぜ、イヤなやつほど出世が早いのか』『詐欺師に学ぶ 人を惹きつける技術 仕事に効く人付き合いのポイント44』『投機学入門』『投資詐欺』『常識力で勝つ 株で4倍儲ける秘訣 投資で負けない5つの心得』『会社員から大学教授に転身する方法 第二の人生で成功するための「たった3つ」の必勝ノウハウ』『株式投資の人間学 なぜ、損する株を買ってしまうのか』など。

電子書籍を読む!

amazon kindle   楽天 kobo