お地蔵さんぽ【vol.19】目の病に効くという「めやみ地蔵」@北千住 長円寺

人々を苦しみから救ってくれる存在として、古くから日本人に親しまれてきたお地蔵さま。
子どもの頃からいつも側にいる、ちょっと不思議な守り神を探す「お地蔵散歩」。
きょうもお地蔵さんを探しながら歩いています。

目の病に効くという「めやみ地蔵」@北千住 長円寺

北千住にある長円寺の一角にユニークなお地蔵さまがいらっしゃる。
めやみ地蔵だ。
目の病に効能があるとされているお地蔵さまだ。

そういえば、ある病気に特化したお地蔵さまはけっこうある。
以前紹介した浄名院の「へちま地蔵」は、たん、咳、喘息が治るというお地蔵さまだ。
こうして、なにかに特化していると、遠くからでもそのご利益にあずかろうとやってくるのだろう。

「め」と書かれた絵馬が奉納されている。

絵馬は、長円寺で買ってここに奉納するようだ。
裏に名前を書くようになっていて、当人ではなくても目を患っている人の名前を書いて奉納すればいいようだ。
行けない人のかわりに行ってあげるというようなことが、昔はもっと盛んだったのかもしれない。

あいにく自分も、自分のまわりにも目を病んでいる人はいないので、絵馬は買わなかった。

こちらのお地蔵さまの特徴は、この装置だ。

これはなにかと思って、ネットで検索してみたら、木製の車をくるくる廻してお祈りをするのだとか。
自分もやってみた。

多くの人がまわすから、かなりすり減ってはいるが、ちょっと楽しい。
地下にいるお地蔵さまと直結しているということらしい。
3回ほど廻してお参りをした。

宗教というのは、どこかエンタメ性があるように思う。
お葬式に行ったとき、お坊さんが木魚をたたきながら、お経を読む姿などは、まさにエンターテイメントだと思う。
きっと日本にやってきた当初は、こりゃすごいと若者たちが飛びついたかもしれない。
今のロックやラップのようなかんじではなかったろうか。

前回ご紹介した、かんかん地蔵のように顔を削り取っていいお地蔵さまのようにどこかエンタメ性があれば、昔の人は集まったのではないかと思われる。

めやみ地蔵さまのお顔はきりりとしている。
こころなしか、目力があるようにも思う。

お賽銭をあげて再び拝む、今、自分は目の病はないのでっすが、老眼がきています。
小さい文字が読みづらいです。
しかし、これは病気というより老いですね。
まだ老眼鏡は必要ありませんが、今年で還暦、そろそろです。
遠近両用の眼鏡を買うか、老眼鏡だけを買うか思案中です。

と、お祈りというよりは、ご報告になってしまったけれど、こういうことでもいいのだと思う。
大切なのはお参りすることだ。
さて、次はどんなところへお地蔵さまをお参りに行こうかしら、などと思いながら、北千住の町中華で冷やし中華を食べて、帰路についた。

BACK  NEXT

【引っ越しのお知らせ】
当サイトにて連載中の「お地蔵さんぽ」は、ピースオブケイクの運営するサイト「note」への引っ越しすることになりました。

https://note.mu/maguro1958

全話が見られるのはnoteだけで、当サイトでの掲載はピックアップとして1~5話と直近の5話の掲載を予定しております。
引き続いてのご愛読、よろしくお願いいたします!

この連載について

初回を読む
人々を苦しみから救ってくれる存在として、古くから日本人に親しまれてきたお地蔵さま。
子どもの頃からいつも側にいる、ちょっと不思議な守り神を探す「お地蔵散歩」。
きょうもお地蔵さんを探しながら歩いています。

【著者】
下関マグロ(しものせき・まぐろ)
フリーライター、町中華探検隊副隊長。本名、増田剛己。
山口県生まれ。桃山学院大学卒業後、出版社に就職。編集プロダクション、広告代理店を経てフリーになる。
フェチに詳しい人物として、テレビ東京「ゴッドタン」、J-WAVE「PLATOn」などにゲスト出演。
著書『下関マグロのおフェチでいこう』(風塵社)、『東京アンダーグラウンドパーティー』(二見書房)、『たった10秒で人と差がつくメモ人間の成功術』『まな板の上のマグロ』(幻冬舎)、『歩考力』(ナショナル出版)、『昭和が終わる頃、僕たちはライターになった』(共著、ポット出版)、『おっさん糖尿になる!』『おっさん傍聴にいく!』(共著、ジュリアン)、『町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう』(共著、リットーミュージック)など。
本名でオールアバウトの散歩ガイドを担当。テレビ朝日「やじうまテレビ」「グッド!モーニング」、テレビ東京「7スタライブ」「なないろ日和!」、日本テレビ「ヒルナンデス!」、文化放送「浜美枝のいつかあなたと」「川中美幸 人・うた・心」など、各種メディアに散歩の達人として登場する。
本名名義の著書に『思考・発想にパソコンを使うな』(幻冬舎)、『脳を丸裸にする質問綠』(アスキー)、『おつまみスープ』(共著、自由国民社)、『もしかして大人のADHDかも?と思ったら読む本』(PHP研究所)などがある。
電子書籍『セックスしすぎる女たち 危ないエッチにハマる40人のヤバすぎる性癖』『性衝動をくすぐる12のフェティシズム 愛好家たちのマニアックすぎる性的嗜好』『みるみるアイデアが生まれる「歩考」の極意 すっきりアタマで思考がひらめく40の成功散歩術』など。