お地蔵さんぽ【vol.17】お地蔵さまがいっぱいの浄名院@台東区上野

人々を苦しみから救ってくれる存在として、古くから日本人に親しまれてきたお地蔵さま。
子どもの頃からいつも側にいる、ちょっと不思議な守り神を探す「お地蔵散歩」。
きょうもお地蔵さんを探しながら歩いています。

お地蔵さまがいっぱいの浄名院

お地蔵さんを語るうえで必ず触れなければいけないのが、上野桜木町にある浄名院であろう。
とにかく境内にはものすごい数のお地蔵さまがいらっしゃる天台宗の寺院だ。
前回ご紹介した佃天台子育地蔵もこちらからのお寺から譲られたお地蔵さまだそうだ。

境内には2万4000体ものお地蔵さまがいらっしゃる。
その景色は壮観だ。
目標は8万4000体だそうで、約半分を達成していることになる。

1666年に創建された当時は浄円院という名前だったが、1823年に浄名院に変えたのだそうだ。

地蔵信仰の寺となったのは同寺第38代住職、妙運和尚のときだった。
明治12年のことで、最初からお地蔵さまのお寺ではなかったようだ。

多くのお地蔵さまのなかで、ひときわ目を引くのがこちら、江戸六地蔵のひとつ。

大きい。
江戸六地蔵というと、江戸の出入口6ヵ所に建立された地蔵菩薩坐像のこと。

一番から六番まであるが、順に東海道の品川寺、奥州街道の東禅寺、甲州街道の太宗寺、中仙道の真性寺、水戸街道の霊巌寺、千葉街道の永代寺ということになる。
しかし、六番の永代寺が廃仏毀釈でなくなってしまったので、こちらの浄名寺が六番を名乗るようになったのだが、これには賛否があるようだ。

また、こちらのお寺での一番から六番までのお地蔵さまもいらしゃって、ちゃんとすべてのお地蔵さまをお参りしようと思うと、かなりの時間がかかる。

浄名寺で有名なのが、こちら「へちま地蔵」だ。

たん、咳、喘息などにご利益があるそうだ。
手に持っていらっしゃるのは、へちまの実だろうか。
浄名院は別名「へちま寺」と呼ばれているほど、へちま供養で有名だそうだ。

さらにいろいろなお地蔵さまがいらっしゃる。
まさにお地蔵さまのテーマパークともいえるお寺だ。
たとえば、あらい地蔵。
たわしが置かれていて、自分の体の悪い部分をこするとよくなるといわれているお地蔵さまだ。

自分の悪い所をたわしでこするというお地蔵さまはけっこうあちらこちらにいらっしゃる。
こする行為は、そこに願いが込められているような感じになるね。

こちらは、うかがい地蔵。
地蔵を抱える前に重さを想像し、抱えてみる。
想像より軽ければ願いが叶い、重ければ叶わないというのもらしい。

そのお地蔵さまは建物の中にいらっしゃった。

お地蔵さまを抱えてみて、自分が思ったよりも軽ければ願いが叶うというお地蔵さまで、女性用と男性用があるそうだ。

そして、なんといっても、こちらのユニークなところは、お守りが自動販売機で売られていることだ。
閉門したあとでも購入できるようにということで、門の外に置かれている。

へちまのお守りやお地蔵さまの形をしたものもあって、なかなかかわいい。
お地蔵さま好きにはたまらないお寺だといえるだろう。

BACK  NEXT

【引っ越しのお知らせ】
当サイトにて連載中の「お地蔵さんぽ」は、ピースオブケイクの運営するサイト「note」への引っ越しすることになりました。

https://note.mu/maguro1958

全話が見られるのはnoteだけで、当サイトでの掲載はピックアップとして1~5話と直近の5話の掲載を予定しております。
引き続いてのご愛読、よろしくお願いいたします!

この連載について

初回を読む
人々を苦しみから救ってくれる存在として、古くから日本人に親しまれてきたお地蔵さま。
子どもの頃からいつも側にいる、ちょっと不思議な守り神を探す「お地蔵散歩」。
きょうもお地蔵さんを探しながら歩いています。

【著者】
下関マグロ(しものせき・まぐろ)
フリーライター、町中華探検隊副隊長。本名、増田剛己。
山口県生まれ。桃山学院大学卒業後、出版社に就職。編集プロダクション、広告代理店を経てフリーになる。
フェチに詳しい人物として、テレビ東京「ゴッドタン」、J-WAVE「PLATOn」などにゲスト出演。
著書『下関マグロのおフェチでいこう』(風塵社)、『東京アンダーグラウンドパーティー』(二見書房)、『たった10秒で人と差がつくメモ人間の成功術』『まな板の上のマグロ』(幻冬舎)、『歩考力』(ナショナル出版)、『昭和が終わる頃、僕たちはライターになった』(共著、ポット出版)、『おっさん糖尿になる!』『おっさん傍聴にいく!』(共著、ジュリアン)、『町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう』(共著、リットーミュージック)など。
本名でオールアバウトの散歩ガイドを担当。テレビ朝日「やじうまテレビ」「グッド!モーニング」、テレビ東京「7スタライブ」「なないろ日和!」、日本テレビ「ヒルナンデス!」、文化放送「浜美枝のいつかあなたと」「川中美幸 人・うた・心」など、各種メディアに散歩の達人として登場する。
本名名義の著書に『思考・発想にパソコンを使うな』(幻冬舎)、『脳を丸裸にする質問綠』(アスキー)、『おつまみスープ』(共著、自由国民社)、『もしかして大人のADHDかも?と思ったら読む本』(PHP研究所)などがある。
電子書籍『セックスしすぎる女たち 危ないエッチにハマる40人のヤバすぎる性癖』『性衝動をくすぐる12のフェティシズム 愛好家たちのマニアックすぎる性的嗜好』『みるみるアイデアが生まれる「歩考」の極意 すっきりアタマで思考がひらめく40の成功散歩術』など。