『競馬 衝撃の敗戦列伝 敗北を糧に頂点を極めた名馬たち』河村清明

失意の黒星か、未来への希望か?
勝利をたぐり寄せた陣営の戦略とは!?

【内容】
スペシャルウィーク――敗れるたびにより一層輝いた名馬
 才能溢れる世代の頂点
 名手・ペリエの酷評
 魂が入った天皇賞・秋
 結実した白井の執念
エルコンドルパサー――ミスター・オールマイティー
 日本競馬の流れを決めた年度代表馬の選考
 「ここまで強いのか」
 《スペードのキング》でも勝てなかった凱旋門賞
ウオッカ――何度負けてもファンを強烈に惹きつけた歴史的名牝
 分岐点となった秋華賞
 ダービーの呪縛
 すべてを払拭した安田記念
オグリキャップ――不屈の闘志に誰もが感動した
 人間の思惑と欲望の渦巻く中で
 男泣きに暮れたマイルCS
 オグリはこんなにも頑張った
マツリダゴッホ――努力を続け、ようやく実の入った瞬間の大激走
 トライアルで見舞われたアクシデント
 「全部私が悪い」
 見たこともないくらい馬体が充実

【著者】
河村清明(かわむら・きよあき)
山口県出身。北海道大学文学部国文科専攻を卒業後、株式会社リクルートに入社。1996年に同社を退社したのち、執筆活動を始める。同年、「優駿エッセイ賞」を受賞。
著書『馬産地ビジネス』『JRAディープ・インサイド』『馬産地放浪記』(以上、イースト・プレス)、『三度怒った競馬の神様』(二見書房)、『ウオッカの背中』(東邦出版)、『ウイニング・チケット』(原作、講談社)などがある。
電子書籍『ミスター・ジャパンカップと呼ばれた男 競馬国際化の礎を作り上げた「異端」の挑戦』『競馬 衝撃の敗戦列伝 敗北を糧に頂点を極めた名馬たち』『競馬 衝撃の敗戦列伝2 運命を分けた一戦の知られざる真実』『ウオッカvsダイワスカーレット 天皇賞 運命の15分と二人の厩務員』『JRAディープ・インサイド 主催者が語る日本競馬の未来』『超サバイバル時代の馬産地ビジネス 知られざる競馬業界の「裏側」』、『いのちを繋ぐ馬産地の物語 旅立つサラブレッドの原風景』(共著)など。
競馬関連の著作について業界の内外を問わず高い評価を得ている。

電子書籍を読む!