【書籍紹介】『一流のサービスを受ける人になる方法』(光文社)いつか


積極的にサービスしたくなる「圧倒的な客っぷり」とは?
「お金」だけでは辿りつけない最高のホスピタリティとは?
一目置かれる「上質なゲスト」になれば、人生が根底から変わる!

【紹介文】
ホスピタリティ、おもてなしは日本の誇るべきサービスとして定着しています。
ただ、同じ空間にいるのに、サービスが格段に違うということは往々にしてあります。
それは、サービスを受ける側の問題だと著者は指摘します。
淡々と、マニュアル通りの対応しかしない店は、悪い店ではありませんが、サービスとしては一流とはいえません。
最高のサービスを提供する店は、万人に同じ対応をするのではなく、その人に相応しい対応を提供しているのです。
積極的にサービスしたくなるゲストとは、どのような人か?
世界各国を旅し、最高級のサービスから地元に愛されるサービスまで、あらゆるサービスを受けてきた著者が、サービスを受ける側が心がけるべき大切なことを教えてくれます。
ワンランク上のサービスを受けるため。
最高のおもてなしを享受するため。
この本には、生き方にもつながるたくさんの気づきが溢れています。

【内容】
はじめに
Chapter1 サービスを受けるための資格と品格
Chapter2 サービスを受けるための感性
Chapter3 セレブリティに学ぶマナー、話し方
Chapter4 セレブリティに学ぶ習慣
Chapter5 知ればあなたの世界が変わる、こんなサービス
おわりに
一流の大人のたしなみ十カ条

【著者】
いつか
東京都生まれ。元コピーライターでマーケティング、ネーミング、商品開発に携わる。2003年に『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』で作家デビュー。『成功する男はみな、非情である。』と共にベストセラーとなり、アジア各国で翻訳された。著書は『男の「嘘」の磨き方』(あさ出版)、『ガラスの天井のひらきかた』(KKベストセラーズ)、『わたし幸せじゃないの?』(経済界)他、恋愛・結婚についての辛口エッセーや、ビジネスマンの成功と孤独に焦点をあてたビジネス書など、電子書籍を加え50冊を超える(「角川いつか」として上梓した著書多数)。世界50カ国以上を駆け巡り、各国、各界に多彩な人脈を持つ。日本アカデミー賞協会会員。

書籍を読む!